桑名市議会議員

とみた かおるの

釜揚げうどんの話

 

自分の思っている理想の世の中があります。それは「釜揚げうどん」の世界です。

 

有名なおはなしですのでもうすでにしっているという方もおみえになるのでは?

これはJALを再建された稲盛さんの本で読んだお話です。

 

あるお寺で、修行僧が「あの世には地獄も極楽もあるそうですが、その違いは何ですか?」

と老師に尋ねたところ、老師はつぎのように答えたそうです。

 

「確かにあの世には地獄もあれば極楽もある。しかし、どちらも想像しているほどの違いがあるわけではなく、外見上は全く同じような場所だ。

ただ一つ違っているのはそこに住む人たちの心なのだ。」

 

老師いわく、地獄と極楽には同じように大きな釜があり、そこには美味しそうなうどんが、ぐつぐつと煮えている。みな同じように麺をつけるお椀と1メートルの長い箸を持たされているのです。

でもそこから先が天国と地獄の違いです。

 

地獄に住んでいる人は皆、我先にうどんを食べようと、争って箸を釜に突っ込んでうどんをつかもうとしますが、あまりにも箸が長く、うまく口に運ぶことができません。

 

しまいには、他人がつかんだうどんを無理やり奪おうと争い、喧嘩になってうどんは飛び散り、誰一人として目の前にあるうどんを口にすることができない。

 

美味しそうなうどんを目の前にしながら、誰もが餓えてやせ衰えている。

それが地獄の光景だというのです。

 

それに対し、極楽では、同じ条件でも全く違う光景が繰り広げられています。

 

誰もが自分の長い箸でうどんをつかむと、釜の向こう側にいる人の口へと運び、「はい、あなたからお先にどうぞ」と食べさせてあげる。

 

そうやってうどんを食べた人も、「どうもありがとう。次はあなたの番です」と、お返しにうどんを取って

あげます。

 

ですから、極楽では全員が穏やかにうどんを食べることが出来、満ち足りた心になれる。

 

同じような世界に住んでいても、温かい「思いやりの心」をもてるかどうかで、そこが極楽にも地獄にもなる

 

それがこの話が言わんとしていることなのです。